<< 睦月(むつき)1月の法話 | main | 弥生(やよい)3月の法話 >>

如月(きさらぎ)2月の法話

   如来所以興出世     唯説弥陀本願海 
   五濁悪時群生海     應信如来如實言

            (親鸞聖人著、教行信証(行巻)『正信偈』より) 



2月15日はお釈迦様が入滅された日です。
お釈迦さまは紀元前383年、80歳で亡くなりました。

35歳でお悟りを開かれ「ブッダ(目覚めたもの)」となられてから、45年。
ひたすらインドの大地を歩き教えを説かれた、お釈迦様。
その求道者としての人生は、肉体を持つが故に年老い、やがて病が原因で
旅の途中、クシナガラの地で閉じられました。


その様子が「大パリニッバーナ経(大般涅槃経)」に記されています。

旅の途中、パーヴアー村のマンゴー農園を持つ、鍛冶屋のチュンダから
施されたきのこ料理(豚肉料理の説もあり)を食した後、酷い下痢と下血に
おそわれたお釈迦様は、激痛に耐えながらもクシナガラまで歩かれ、
とうとうヒマラヌヤヴァティー河の岸辺にある沙羅の樹の林で、頭を北にし、
右脇を下にした形で横たわり、入滅の時を迎えます。

食したきのこが毒キノコだったとも、衛生管理の悪い中での豚肉料理が
腐敗していたとも言われていますが、お釈迦様は、チュンダが自分の入滅後、
自責の念に苦しまないように、この時の食事を「さとりを開いた時の最初の食べ物」
であるスジャータから施された乳粥と並んで、「涅槃に入るときの最期の食事」
と位置付け、尊い行いだったのだと弟子のアーナンダーに伝言させています。
肉体を失うことによって、完全な悟りに入ることができるからです。

いよいよ臨終にあたって、弟子達を集められ
「あらゆるものは、うつろいやすいものである。怠ることなく精進せよ」
と、最後の言葉を残されました。

これは、お釈迦様が覚った、宇宙や自然界や人間存在の真理というものは、
すべてのものが移り変わり、変化しないものはない・・と言うことでしょう。
言い換えれば、私達人間の苦しみの原因は、この「真理」を素直に受け取れず、
今のこの現象が永遠に続くものと信じている、執着しているところにあると
言えるのではないでしょうか?

お釈迦様が説かれた8万4千ともいわれる教えのすべては、この世界を離れ、
「決して変ることない真実(真如)の領域に生まれていく為の教え」なのです。
つまり、苦しみの原因である、あらゆる「執着」から離れた世界=「涅槃」
へ生まれ仏となる教えです。

親鸞聖人はそれを、「お釈迦様がこの世にお出ましになれたのは、ただ、すべての
命を分け隔てなく、救済していくという、大海のように深遠な阿弥陀如来の本願を、
この五濁悪世界の末法で迷っている多くの私達(群生海)に説く為だったのだ・・
まさに信ずべきはお釈迦様の説いた真実の教えである。」
と味あわれています。

本当に「私」があらゆる執着から離れる術は、もはや、この阿弥陀如来の本願力
(すべての命を収めとって決して離さないハタラキ)に素直にお任せする以外
にはありません。
自らのいかなる努力によっても、それが叶うことのない時代が末法という時代
なのです。
はっきりと断言します。
この五濁の末法に於いて自らの力で仏になれる人は一人もいません。

ただ、「南無阿弥陀仏」にすべてをお任せする。疑いの心を離れるのが
「信心」の姿です。それは、自分の計らいで出来るものではありません。
「信心」は阿弥陀如来から頂くものです。
だから、「私が阿弥陀様を信じる」のではなく、「阿弥陀様の願いをただ素直に頂く」
これが私が仏になる、「信心」の本当の姿なのです。
矢印は「私」→「仏」ではなく「仏」→「私」。
これがこの「私」が仏になる唯一の方向、他力の信心の姿です。

お釈迦様の入滅の日「涅槃会」。
人間としてこの世に生まれて下さったお釈迦様のご生涯に感謝申し上げ、
思いを馳せる日にしたいものです。                    合掌


結晶「涅槃会布教大会」のお知らせ結晶

毎年恒例の若手布教使による、涅槃会布教大会が本願寺別院、和田堀廟所で行なわれます。お近くの方は是非、お越しください。

日時;2009(平成21)年2月15日(日)14:00〜16:10
場所;本願寺築地別院 和田堀廟所 光壽閣2階、蓮華の間
   (京王線「明大前」下車徒歩6分)無料



    「クシナガラの涅槃堂」にて。頭北面西で入滅したお釈迦様