<< 水無月(みなづき)6月の法話 | main | 葉月(はづき)8月の法話 >>

文月(ふみづき)7月の法話

    仏光照曜最第一     光炎王仏となづけたり
    三塗の黒暗ひらくなり  大応供を帰命せよ  
 
                          親鸞聖人著『浄土和讃』 


皆様、梅雨の時期を如何お過ごしでしょうか?
早いもので、今月は「お盆」の季節となりました。

東京地方だけ、7月にお盆を迎えるというのも、少しおかしな話ですが、
かつては地方から、東京に出稼ぎに来ていた奉公人を8月に故郷へ帰す為に
東京だけひと月早く、お盆をする習慣ができたとも言われています。

浄土真宗では「歓喜会」とも言いますが、広く一般には「盂蘭盆会」という様です。

もともとは、インドのサンスクリット語で「ウランバナ」の音写で、
「ウド・ランブ(ud-lamb)」、さかさにかかる=倒懸という意味です。
これは、「盂蘭盆経」に説かれている、お釈迦様の弟子で、神通力第一と
言われた目連尊者の亡き母親が餓鬼道に落ち、逆さ吊りにされるような苦しみ
を味わっていたという逸話から来ています。

もともと、旧暦の7月15日はインドでは雨の時期に行なわれる安居(あんご)の
終わる日で、人々が僧侶に飲食などの供養をした日でした。
それが中国に伝播する中で、祖先の霊を大切にする儒教の孝の倫理の影響
を受けて、目連尊者が母を供養するという「盂蘭盆経」の成立につながった
と言われています。
つまり、インドではなく、中国で新たに成立したお経なのですね。

ところで、目連尊者の母親が堕ちていたのは「餓鬼」という世界でした。
ここはいくら、水や食べ物を差し出しても、ことごとく口に入れる直前に
炎となってしまうところだと書かれています。それは、まさに逆さ吊りに
されるような苦しみだったのでしょう。

「あんなに、自分の為に命を削って育ててくれた母がどうして、こんなひどい目に合うのか。。。」

目連尊者はお釈迦様に尋ねます。目連尊者の母親は我が子可愛さに、生涯
他人を思いやることもなく、もの惜しみの気持ちが強かった為に餓鬼に堕ちて
しまったのです。「餓鬼」とは貪りの心。。自分の子供の将来や出世に
執着し、他人の子どもには思いやりの欠片もなかった母の堕ちた世界でした。

お釈迦様は「自分の母だけを救おうとするのではなく、大勢の僧侶を供養
することで、広く餓鬼に堕ちた世界の人々を救いなさい。」と説かれました。
この話が「お盆」という先祖供養に繋がって、日本にも伝来して来たのですね。

でもこの「餓鬼」は人間が死んでから堕ちる世界ではありません。
「地獄」「餓鬼」「畜生」は、今、この世界で自らが作って堕ちる世界です。
「地獄=いかり」「餓鬼=むさぼり」「畜生=愚かさ」は私の煩悩の姿なのです。
これらの世界を三塗(さんず)とも言います。
皆さん、よく「三塗の河」と聞きますでしょう?そう、この世とほとけの世界
との間に流れる大きな川です。

  貪りの煩悩を主人として人生を生きている人、
  言い訳や他人のせいにしてお互いに人生を傷つけながら生きている人、
  欲望のままに無駄に命を過ごしている人。。。

皆、この世で三塗の河に堕ちている人です。私達は多生の間、ここから
出ることが出来ませんでした。この中で生死流転を繰り返してきたのです。

この三塗の黒暗を破ることが出来るのは、ただ、阿弥陀如来だけ。。
限りない光と命のハタラキにしか、永遠の闇を破する事はできないのだと、
親鸞聖人は気づかれました。

今、「餓鬼」に堕ちているのは、母親ではなく、この「私」なのだと
気づかせて下さるのが、ナモアミダブツ。。。
三塗の闇が破られるから、自分の本当の有り様に気づくことができるのです。

「お盆」は、亡き人があの世から2泊3日で都合よく還ってきてくれる日
ではなく、この「私」が亡き方のご縁を通して、本当の姿に気づかせて頂く
ご法縁。。。だから「歓喜会」なのですね。

皆様、どうぞ、お寺へ御参り下さい。         合掌



      
    闇を破るのは一筋の光。。。生死の苦海で久しく沈む「私」に
    気づく瞬間です。




          雨法座・イベントのお知らせ雨


   ☆「光善寺仏教講座」
      7月12日(日)14時より「盂蘭盆会法要」につづいて。
           本願寺派布教使 光善寺衆徒 柳川 眞諦
                (どなたでもどうぞ。無料)


   ☆「英語法座」
      7月25日(土)午後5時半より7時まで 於;築地本願寺
      Speaker Rev. Youmei KADONO,
 Standing Researcher, Hongwanji Teachings, Propagation Research Center

      本願寺教学伝道研究センター常任研究員 葛野 洋明 師

      Two sides of Namo Amida Butsu
      - 「南無」のこころ -