<< 文月(ふみづき)7月の法話 | main | 長月(ながつき)9月の法話 >>

葉月(はづき)8月の法話

    願土にいたればすみやかに  無上涅槃を証してぞ
    すなはち大悲をおこすなり  これを回向となづけたり  
 
                    親鸞聖人著『高僧和讃571』 


今年は全国的に梅雨明けが長引き、

各地で豪雨災害が発生しているようですが、
皆様のお住まいの地は如何でしょうか?

被害に遭われた皆様には心より
お見舞い申し上げます。

さて、8月は長崎・広島の原爆投下、終戦記念日、

お盆と「いのち」や「家族」について、

特に思いを馳せる月でもあります。

「お盆」という仏事はそもそも、仏教の伝来と共に日本に入って

来たのですが、その根拠となる「盂蘭盆経」という経典は

元来のお釈迦様の教えではなく、

中国で編集されたものとされています。

そこには先祖供養という儒教の影響が強く入っています。

 

また、年に一度、地獄の釜戸の蓋があいて、

亡き人がこの世に戻ってくる・・というのは日本土着の宗教、

神道で言うところの「黄泉の国」を連想させる世界でもありますね。

一般に「お盆」には、多くの方が故郷に帰省し、

家族揃って亡き人と過ごす。
そんな家族愛の強い日本人独特の習俗のように感じられます。
皆様の家でも、先祖代々、

いろいろな「お盆」の迎え方があるのではないでしょうか?


家の前で迎え火を炊いたり、提灯を持ってお墓に亡き人を

迎えにいったり、ナスやキュウリで牛や馬を作ったり・・・・
なんでもあの世から来る時はナスの牛に乗ってゆっくりと、

お帰りはキュウリの馬に乗って速やかにあの世へ帰ってください。

ということなのだそうですよ。反対かと思いましたが・・
すべては人間の都合のいいようになっているんですね。

では・・仏教徒として私達は「お盆」をどのように

受止めていけばいいのでしょうか?
浄土真宗の開祖、親鸞聖人はそのご著書

「顕浄土真実教行証文類」の中で、

「つつしんで、浄土真宗すなわち浄土真実の法をうかがうと、

如来より二種の相が回向されるのである。

一つには、わたしたちが浄土に往生し成仏するという

往相(おうそう)が回向されるのであり、二つには、

さらに迷いの世界に還って衆生(=あらゆる命)を救うという

還相(げんそう)が回向されるのである。往相の回向の中に、

真実の教と行と信と証がある。」(現代語訳聖典、教巻)


と記されています。つまり、

阿弥陀如来の回向によって浄土へ往生した人は、
如来の願力によってすみやかにさとりをひらき、

大いなる慈悲の心をおこし、また、迷いのこの世に還り来たり、

私達を真実の道へ導こうと常にはたらいて下さっているのです。

 

仏の国に往生していかれた懐かしい方々は、このお盆にだけ

許されて地獄からやってくる霊では決してありませんね。
仏のはたらきとなって、いつも私とともにあり、

私を見守って下さっているのです。

この阿弥陀如来の二つの回向を頂く、私達念仏者は、

迎え火も送り火も必要ありません。日々の生活の中で、

亡くなられた方を「仏さま」として手をあわせて生きていく中で、

仏法に出遇い、真実の道を歩ませて頂いている我が身に

気づかせていただくからです。

私を真実へ導いて下さる亡くなられた先人のご恩に感謝し、

あらためて思いを寄せるのが、お盆の意義でありましょう。

暑い夏のひと時、亡き人のご縁を頂きながら、

自分の「いのち」についてゆっくりと考えるみるのも

いいかもしれませんね。

皆様、どうぞお元気でお過ごし下さい。  南無阿弥陀仏



     
   親戚が集まる「お盆」。。提灯の灯り、灯篭、線香花火、盆踊り・・・
   子供の頃のノスタルジックな思い出が蘇ります。




          晴れ法座・イベントのお知らせ晴れ


   ☆「光善寺仏教講座」
      8月15日(土)14時より
           当寺住職   柳川 信行
         内容は未定。涼しい客殿で茶話会形式で、楽しく
         話しましょう。
              (どなたでもどうぞ。無料)


   ☆「英語法座」
      休会       〜NO MEETING〜



   ☆「いのちの集い」〜自死遺族の分かち合いの会
      8月27日(木)10時より12時半
         築地本願寺、聞法ホール
              (参加無料、ただし、自死遺族の方のみ)


  ☆「築地本願寺常例法座」
        布教使:兵庫教区高松寺住職、谷川 弘顕 師 
          
      8月28日(金)夜の法座、18:30〜20:00 門法ホール
        29日(土)朝:10:00〜 昼:12:30〜門法ホール
        30日(日)  同上

      *伝道院の先任講師でいらっしゃる、私の師匠です。
       是非、ご聴聞下さい。  



   ☆布教使 眞諦の出講予定
      8月16日(日)14:00より 武蔵野市 源正寺 
         常例法座  講題「お盆のこころ」