<< 霜月(しもつき)11月の法話 | main | 如月(きさらぎ)2月の法話 >>

師走(しわす)12月の法話

 

 
  今から約2,500年前、12月8日、釈迦族の王子、
 ゴータマ・シッダッタ王子は菩提樹の木の下で、
東の空に一際美しく輝く暁の明星をご覧になり、
忽念と覚りをひらきブッダとなられました。

人としてうまれ、人間の幸福について悩み続けた王子は、
その時、答えを得たのです。
それはこの「いのち」の抱える生老病死の苦を乗り越える道の
発見でもありました。ブッダとは「めざめた者」という意味です。
私達は親しみと尊敬の念を込めて「お釈迦様」とお呼びします

 

暁の明星」とは金星のことです。夜明け前に一際、
眩く輝くその光が、心の中に差し込んできて闇を破るような、
そんな瞬間だったのかもしれません。

「すべての命が仏のいのちの中に生かされている・・・」
仏教とはその「いのち」を
自覚する宗教といえると思います。
その大きな命に目覚めて、安心を頂く宗教です。
では、人間にとっての本当の幸せとは何でしょうか?
富や名声、健康や若さでしょうか?

 仏教はその問いに答えを与えてくれます。
 なぜなら、仏教をお開きになったお釈迦様は、
 それらすべてを捨ててしまわれたからです。


 それは、そこに人間の本当の幸せは無い・・・
 という事なのだと思います。
 それらはすべてが常に移ろい、変化してしまうものばかりだからです。
 移り変わるものに執着する事で、
新たな苦しみが
 生まれて来るのではないでしょうか。

 
 私達が「幸せ」だと信じているのは、実は私の煩悩が
 喜ぶ幸せでしかありません。

 私の都合のいい「ものさし」で測った幸せです。
 仏教学者のひろさちやさんは、
人間のものさしは
 ゴムでできているとおっしゃいました。
 自分の都合のいいように、
いかようにも測る事のできる物差しです。
 今、幸せだと思っても、それは永遠にはつづかないのです。

 自分の人生をこのものさしで測っている限り、
 永遠に幸せをつかむことはできません。
 反対にこの「いのち」さえも価値がある命、無い命と
 選別していくのが私のものさしなのです。
 そこに心の平安は見出せません。

 お釈迦様が求めたのは、永遠に変わることのない真理です。
 それはこの「いのち」の抱える生死を越える道でもあります。
 この「私」という殻の中から外を見ている限り、すべては私色に染まり、
 私に都合のいいものは薔薇色に輝き、都合の悪いものは
 色あせて見えてしまいます

 そこに、この命の抱える「老・病・死」を乗り越える答えは
 見つけられません
ただ、見ないように、考えないように
 することくらいしかできないのではないでしょうか


 「死」が身近に迫ってきてから、慌てふためいても、もう遅いでのす。
 冷静さを失ってから、掴んだものはほとんど役に立たないからです。

 

 ご門主様は、ご著書「愚の力」というご本の中で、

 「私の内側に私の力の及ばないものがある。自分が外側から
 かき集めてきたものは
実はまったく役にたたない、そういう存在で
 ある自分を自覚すること、
それが「愚者になる」ということです。
 とお示しくださいました。

 私達は愚者になって往生していくのです。偉くなって、
 金持ちになって、賢くなって生死を
 越えるのではありません。

 愚者だからこそ、すべてを人間の知恵をはるかに超えた
 大きな力に素直に委ねていけるのです。
 その世界に素直に自分を委ねた時、大きな安心と安らぎが恵まれます。

 この「私」というものが弾けたら、そこにあらゆる「いのち」
 を平等に収め取り決して捨てる事のない、大きな仏の慈悲の世界が
 広がっているのです。

 その事に気づいた時、たとえ、どんな人生であってもそのままの
 「いのち」を生きていく 勇気と力が湧いてくるのではないでしょうか

 今、この私をすっぽりと、大きな仏さまの慈悲が包んでいるのです。
 いつ、命つきてもその温もりの中・・・

 「すべての命が仏のいのちの中で生かされている・・・」
 それこそが、永遠に変わることのない幸せ「法喜」なのです。

                      南無阿弥陀仏