<< 文月(ふみづき)7月の法話 | main | 睦月(むつき)1月の法話 >>

葉月(はづき)8月の法話

 

 一々の華の中よりは 三十六百千億の
光明てらして朗らかに
 至らぬところは更になし
             (
親鸞聖人著:浄土和讃42



皆様はレディー・ガガ(Lady Gaga)というシンガーをご存知ですか?

去年、第53回グラミー賞を受賞した、今、名実共にナンバーワンと
評される
アメリカ合衆国の音楽家です。


彼女はイタリア系アメリカ人で裕福な家の娘。4歳で楽譜なしでピアノ
演奏できるようになり、13歳でかの有名なジュリアード音楽院に合格
するも、
当時は音楽に興味がなく辞退。17歳の時、これまで世界で20
しか早期入学が
許されていないニューヨーク大学の芸術学部
(ティッシュ・スクール・オブ・アート)
に入学した、恵まれた天分の
持ち主です。

しかし、アメリカ人では低めの155cmという身長と大きな鼻が
コンプレックスで、
いじめを受けたり、奇行を繰り返して周りの大人
から理解してもらえないという悲惨な学生時代を
過ごしたとテレビの
インタビューで答えていました。

そんな彼女が世界に発信するメッセージは、世界中の若者に
受け入れ
られています。

Born This Wayはアメリカでは配信後3時間で1位を獲得し、

UKアルバム・チャートでは215,000枚を売り上げトップを飾りました。
 

I'm beautiful in my way,
私はありのままで美しい

'Cause God makes no mistakes
だって神は間違ったりしないから
I'm on the right track, baby
私は正しいわ。ベイビー
I was born this way
私はこのように産まれたのよ
Don't hide yourself in regret,
後悔の中に自分を隠さないで。
Just love yourself and you're set
ありのままの自分自身を愛して、あなたはそれでいい。
I'm on the right track, baby
私は正しいわ、ベイビー
I was born this way
私はこのように産まれたのよ

その強い、自己肯定のメッセージが現代の若者に

生きる力と勇気を与えているのかもしれません。


この世界は「虚妄分別」の娑婆世界。

あらゆるものが、無責任な価値観や常識で区別される世界です。

普通である事。平均である事が求められ、そこからはみ出る者には、

生きづらい世界。だからこそ、ありのままの自分を認めてくれる
存在が大切なのだと思います。

Born This Way

そういい切れる自分になりたい・・

仏教徒、キリスト教徒の区別なく、現代人のすべてが

その拠り所を求めているのかもしれません。

「青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光・・」


阿弥陀如来がおつくりになられたお浄土の蓮池の花では、

それぞれが自分色で輝き、お互いに調和しまばゆい光を放っている・・

それは、みんな違ってみんないい・・の平等の世界。


「もし、私の国(浄土)に生まれる人が悉く金色に輝いていなければ

私は如来にはなりません。」(第3願:悉皆金色の願)

「もし、私の国に生まれる人に見目形に違いがあるなら、私は決して

如来になりません。」(第4願:無有好醜の願)

そのあらゆる命が平等で尊い世界にこの身を委ねて生きる時、

ありのままの私、ありのままの人生を受け止められる

力が湧いてきます。

私の心の拠り所は、もちろん、「南無阿弥陀仏」
阿弥陀の世界です。


Whether you're broke or evergreen
あなたが一文無しでも、大富豪でも
You're black, white, beige, chola descent
黒人でも、白人でも、黄色人でも、ヒスパニックでも、イタリア系でも
You're lebanese, you're orient
レバノン人でも、東洋人でも
Whether life's disabilities
例え人生が障害に満ちたもので
Left you outcast, bullied or teased
のけ者にされ、いじめられ、からかわれても
Rejoice and love yourself today
今日、あなた自身を祝福して愛して。
'Cause baby, you were born this way
だってベイビー、あなたはこのように産まれたのだから       
            (翻訳 LuckyyyGirlllさん参考)


レディー・ガガ、是非一度聞いてみて下さいね。

 

「Lady Gaga performs "Born This Way" live

At the 53rd Annual GRAMMY Awards」 


http://www.youtube.com/watch?v=xl0N7JM3wZk&feature=related