<< 睦月(1月)の法話 | main | 睦月(1月)の法話 >>

如月(きさらぎ)2月の法話


2月に入り、陽だまりに春の気配を感じる頃となりました。
2月3日は節分ですね。

「鬼は外、福は内」


この辺りでは増上寺や高幡不動など、
豆まきで大変な賑わいですが、皆様は如何でしょうか。
最近では「恵方巻き」という太巻きを食べる人も増えたようですね。
でも、浄土真宗では、あまり、豆まきをしません。
どうしてだか、お分かりですか?

鬼は外・・不幸は外へ・・
福は内・・幸福は自分へ・・

不幸は外へ・・外ってどこでしょう?
豆に打たれて逃げた鬼はお隣さんへ入るかもしれません。

幸福は私の所へ・・
幸福はお隣ではなく、私の所へ来て欲しい。

節分の日は、みんながこの傲慢な自分の姿に気づかず、
当然の事として、豆を撒く日。
まさに、これが凡夫の姿。

仏さまは
「福は外、鬼は内」

あなたの苦しみは私が背負いましょう。
私の幸せはあなたにあげましょう。

他人の不幸が自分の苦しみ、痛みとなり、
自分が幸せであるように、他のすべての人を幸せにしたいと願う。
それが、仏さまという存在です。

自分の浅ましさに気づくのは、阿弥陀さまの智慧の光に
照らし出されるから。
阿弥陀如来は、別名、尽十方無碍光如来と申します。

他人の幸せを心から喜べず、
妬んだり、腹がたったり、敗北感に襲われたり。
それが、凡夫である浅ましい私の本当の姿。
いつか、そんな私が仏になる事ができるかしら・・?

大丈夫、阿弥陀さまの声が聞こえます。
「われに任せよ、必ず、救う・・」
ナモアミダブツに出遇った時から、
私の命は仏へと育てられているのです。

「福は外、鬼は内」

いつか、大きな声で他の人の幸せを願える「私」になること・・
それが、私の命が目指すお念仏の世界です。


「南無阿弥陀仏」





       今月の出講・布教予定


     2月 5日 神奈川組 清来寺様
     2月15日   芝組 光明寺様
     2月16日  麻布組 仏教壮年会
     2月24日 埼玉「いのちの電話」特別講座
     2月28日  千葉組 光明寺様